ルブレンの悪評の口コミ?効果がない?実際のところを検証してみます。

口臭ケア用品として注目を集めているルブレンですが、「ルブレンは全然効果がない!」という意見も見られます。
これは気になりますね。ルブレンの正直なところ、を見てみましょう。

目次

●「ルブレンで口臭はなくならない」は真実?

ルブレンに関する書き込みの中で多い、いわゆる悪評No1!が

「口臭がなくならない!」
「全く口臭が改善されない」

というものです。そうですね、これはある意味真実だと思います。というのも、口臭にはいろんな原因があるからです。

まず、口腔内のトラブル、歯槽膿漏や虫歯、歯周病、歯垢、膿栓、舌苔など。
更には胃の不調、胃潰瘍や急性胃炎、十二指腸潰瘍や、ピロリ菌など。
また、副鼻腔炎や、腎臓病、肝臓病の時も口臭が強くなることがあります。

ルブレンの使用を考える方の中には、「歯磨きをしても口臭がなくならない人」が多いようです。ルブレンの主な口臭対策は膿栓と舌苔に対して効果を発揮します。膿栓や舌苔の原因となる、口の渇きや口の中の悪玉菌、また食べ残しのタンパク質の問題を解決することで、歯磨きしても残る口臭を改善していくのです。

しかし、歯周病や胃の病気、副鼻腔炎なども歯磨きをしても改善しない口臭の原因ですね。そういう何かしらの疾患が原因となっている口臭には、ルブレンはほとんど効果がありません。
ルブレンをある程度の期間使用しても口臭が改善されない場合、他の疾患を患っている可能性も考慮に入れたほうが良いかもしれませんね。

●「ルブレンで悪玉菌は減らない」は真実?

ルブレンの魅力の一つ、口腔内の悪玉菌に対しての効果ですが、「ルブレンを使用しても悪玉菌は減らない!」という説が流れています。
もちろん私たち自分の口の中の悪玉菌の数を正確に把握しているわけではないので、何とも言い難いですね。これがダイエット商品とかだと、体重のように目に見える計測器があるので分かりやすいのですが...。

ルブレンで悪玉菌が減らないという説を考えるにあたって、悪玉菌と善玉菌の関係性を知っておきたいですね。口腔内も人間の腸の中と同じで、悪玉菌と善玉菌どちらが優勢かということで環境が整っているかどうかを決めます。

悪玉菌全てをなくすことはできないからです。悪玉菌の働きを抑え、同時に善玉菌を活発にすることが大切になってきます。ルブレンは、唾液の分泌を促進することで、悪玉菌の動きを抑え善玉菌が活発になり増えていくように助けてくれます。

しかし、その過程の中で、例えばダイエットなどで善玉菌が増えるだけの栄養が不足しているとか、殺菌効果がきつすぎる歯磨き粉を使用しているため、増えてほしい善玉菌まで少なくなってしまっている、ということがあると、善玉菌が優勢になる気持ちの良い口腔環境を実感しにくくなることがあります。

一つ言える点として、ルブレン使用で悪玉菌が全くいなくなることを期待しているのなら、それは無理です。しかし、悪玉菌の繁殖を抑えていくことは可能ですね。

●「ルブレンがタンパク質に効かない」は真実?

上記の点と少し似てきますが、ルブレンは口の中のタンパク質を除去しやすい環境を作るので、悪玉菌の餌を少なくし悪玉菌の繁殖を抑えるという効果があります。
しかし、このタンパク質に対する働きかけに疑問を抱く方も少なくないようです。

ルブレンに配合されている、フランスカイガンショウ樹皮エキスが主にタンパク質汚れを除去する助けをしてくれるといわれています。このフランスカイガンショウ樹皮エキスは、抗酸化物質でいろんな美容製品にも使用されているんですね。

もちろん、ルブレンを使用するとタンパク質汚れが溶けてなくなるとかそういう効果ではありません。そこまで強力だと口の中が荒れてひどいことになるでしょう。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは、タンパク質汚れを流し去りやすい環境つくりを助けてくれます。

口の中は思ったよりも凹凸があります。ですからキレイにしているつもりでも食べ残しが残ってしまうものです。さらに、口の中で絶え間なく行われている新陳代謝のおかげで、古い上皮なども出てきます。
そういったものをスッキリさせるには、通常の歯磨きだけでは不十分なことが多いのです。そこで、マウスウォッシュなどの製品が推奨されますね。
マウスウォッシュの多くの特徴といえば口の中がピリピリする感じです。あの刺激感が、「今口の中が清浄された」という感情につながりがちです。

そういう方の場合、ルブレンは全くピリピリ感がないので、清浄感に疑問が残るのかもしれません。しかし、ルブレンはあえて、合成物質などからくる刺激感を出さないように注意を払った製品です。
刺激感でキレイになったと錯覚させるのではなく、気持ちよく口の中をスッキリさせてくれるので、安心して使用できます。

●「ルブレンで口のネバネバはなくならない」は真実?

「ルブレンを使っても、口のネバネバ感がなくならない」という意見もあります。ルブレンといえば、口の中の保湿、また唾液の分泌を促進してくれる効果があり、サラサラ唾液を実感できるというのがウリですよね。

もちろん、使用者の体質や状況には個人差がありますから、使用感も異なってくるのは当然です。しかし、実際に使用した方の大半が口の中のネバネバ感が解消されたという感想を持っておられます。

口の中が粘つく原因はいくつかあります。その中でも口の乾燥が主な原因です。鼻が詰まっていて口呼吸になる方や、緊張しやすい方、ストレスなどで唾液分泌が少なくなり乾燥する場合があります。
そういう時にはルブレンはある程度効果を発揮してくれます。

しかし、唾液腺が詰まっている方や、ストレス状態がすっと続いている方、自律神経が乱れている場合など、口が乾く原因がずっと存在していると効果を感じにくい場合もあります。
また更年期障害の症状として、また膠原病の1種などでドライマウスになっている場合なども考えられますね。その場合は多方面からの治療も必要になってきます。
「ルブレンを使用しても全く効果がなく、また唾液腺マッサージなんかもしたけどやっぱり口の中が乾いてネバネバ」という方は、
口腔内以外の原因が考えられますので自己判断はせず、一度専門医を受診しましょう。

 

以上「注意が必要!口臭予防のルブレンには悪評の口コミもありますよ!ネバネバがなくなるのか?口臭に効くのか?」でした。

予防商品ルブレン

 口中をきれいにして、口臭を予防する商品。薬を使用しておらず、有機認証のオーガニックハーブを使った、ケア商品。

main_20160801